2010年12月23日

創作ダンス発表会が終了♪お疲れ様でした。

今日は、体育学部創作ダンス発表会でした。
晴地舞は、今年は、1部の最後(10番目)の演舞でした。

すばしい演舞だったと思います。何度も見ていますが、今回の気迫は、ちょっとうるうるくるほど感動しました。
ともかく、夏から比べても、完成度が高く、最初のセンセをつかった踊りも、美しさが光っていました。

隣に座っていた体育学部の先生が、「晴地舞、今回はいいね〜。夏に見たときは、う〜んと思ったけど」とストレートにおっしゃってました。たぶん見ている方々、共通に感動されたと思います。「紅嵐」そのものを感じさせてる踊りにしあがっていましたから。

熟成するのに半年…やはりひとつの作品が完成するには時間がかかるものですね。

この完成のピークが夏だったらと毎年のように思います。

5代目晴地舞の最後の演舞…ほんとにお疲れ様でした。
posted by はちまえ at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。